ベン・アフレックとマット・デイモンがケンカ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年6月11日 > ベン・アフレックとマット・デイモンがケンカ?
メニュー

ベン・アフレックとマット・デイモンがケンカ?

2002年6月11日 12:00

サイレント・ボブに仲裁してもらうしかないでしょ「トータル・フィアーズ」

サイレント・ボブに仲裁してもらうしかないでしょ
[拡大画像]

ハリウッドきっての大親友と言われる、ベン・アフレックマット・デイモンのあいだに亀裂が生じているらしい。つい最近も「トータル・フィアーズ」に出演しているベンが、インタビューの席で、同時期に公開されるマット主演のスパイ映画「The Bourne Identity」を、「取るに足らないゴミ」と吐き捨てている。売れない俳優同士だった2人は友情を築き、「グッド・ウィル・ハンティング」の脚本を共同執筆、アカデミー賞でオリジナル脚本賞を受賞するという快挙を成し遂げた。同作で俳優としてもブレイクした2人は、今では主演俳優としての地位を確立している。しかし、最近のベン・アフレックは問題発言が多く、テレビの野球中継にゲストコメンテーターとして参加した時にも、番組中にひいきのチームであるレッド・ソックスのナインをこきおろした。「左投手をまるで打てない」と批判されたトロット・ニクソン選手は憤慨し、「あいつだって演技がへたくそじゃねえか。マット・デイモンのおかげでスターになれたくせに」と言い返している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi