「雨あがる」の小泉監督最新作、完成披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年6月4日 > 「雨あがる」の小泉監督最新作、完成披露
メニュー

「雨あがる」の小泉監督最新作、完成披露

2002年6月4日 12:00

(左より)小泉堯史監督、樋口可奈子、 寺尾聰、小西真奈美、加古隆「雨あがる」

(左より)小泉堯史監督、樋口可奈子、
寺尾聰、小西真奈美、加古隆
[拡大画像]

00年、黒澤明監督の遺稿「雨あがる」で日本アカデミー賞主要8部門を獲得した小泉堯史の2本目の監督作となる「阿弥陀堂だより」。6月3日、本作の完成披露試写会がル・テアトル銀座(東京)にて行われ、小泉監督と主演の寺尾聰ほか、樋口可南子小西真奈美、音楽の加古隆が舞台挨拶を行った。

原作は芥川作賞作家、南木佳士の同名小説で、妻の心の病をきっかけに東京から山里の村に移り住んだ夫婦と、地元の人々の温かい心の交流を描いた感動作。美しい奥信濃の四季の移り変わりを表現するため、小泉監督は本作の撮影に1年かけたという。その長い撮影期間について寺尾は「毎日撮影していたわけではないので、長野に戻る度、すぐ役に入り込めるかと心配でした。しかし、キャストやスタッフの顔を見るとすぐに馴染むことができたし、みんながまるで家族のようにスムーズに撮影が進みました」と、作品同様、温かな撮影現場を感じさせるコメント。また、完成した作品については「心に染み入る作品。観た感想をまわりの方に伝えてください」と自信たっぷりに語った。今秋、東宝洋画系にて公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi