「ターミネーター2」は盗作? ジェームズ・キャメロンが訴えられる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年4月16日 > 「ターミネーター2」は盗作? ジェームズ・キャメロンが訴えられる
メニュー

「ターミネーター2」は盗作? ジェームズ・キャメロンが訴えられる

2002年4月16日 12:00

ジェームズ・キャメロン監督が盗作の容疑で訴えられた。訴訟を起こしたのは、あるオーストラリア人夫妻で、2人が執筆した「The Minotaur」という作品と、キャメロン監督自らが執筆した「ターミネーター2」が酷似していると主張している。2人の主張によると、「The Minotaur」は87年に人気脚本としてハリウッドに流通していて、ジェームズ・キャメロン監督は「気に入った」と映画化の話を持ちかけてきたという。しかし、その後キャメロン監督からはいっさい連絡がなくなり、しばらく経って「ターミネーター2」にアイデアが流用されていたのを発見したという。この夫妻は損害賠償と映画のクレジットを要求しているのだが、真偽のほどは別にして、なぜ今頃になって訴訟に踏み切ったのかが不明。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi