レニー・クラビッツも参加。金城武、2年振りの邦画主演作で会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年4月16日 > レニー・クラビッツも参加。金城武、2年振りの邦画主演作で会見
メニュー

レニー・クラビッツも参加。金城武、2年振りの邦画主演作で会見

2002年4月16日 12:00

<左より>岸谷五朗、金城武、鈴木杏、山崎貴監督「恋する惑星」

<左より>岸谷五朗、金城武、鈴木杏、山崎貴監督
[拡大画像]

恋する惑星」の金城武が2年振りの日本映画主演を果たす「Returner/リターナー」の製作報告会が、4月16日、金城武鈴木杏、岸谷五郎、山崎貴監督、堀部徹プロデューサーら出席のもと帝国ホテルにて行われた。

本作は、幼い頃に親友を殺され復讐に燃えるミヤモトが、運命を左右する事件を防ぐために未来から来たと語る少女と出会い、共に宿敵の男に挑むアクション超大作。脚本、VFXも手掛ける山崎監督を、堀部プロデューサーは「日本のジェームズ・キャメロン」と絶賛。また、数あるオファーの中から本作への出演を決めたという金城も「『ジュブナイル』を見てアジアでこんなにすごいCGができることに驚き、監督と一緒に仕事をしたいと思った」と出演の理由を語った。本作の撮影は既に終了し、現在ポストプロダクションの真っ最中というだけあり、出演者3名は終始リラックスした様子。「僕たちはやれるだけのことはやったので、後は監督にお任せします」との金城のコメントに、山崎監督は「プレッシャーを感じます。今日もこれから帰ってやります」と笑いを誘った。

またこの日、山崎監督が熱望して主題歌提供が実現したというレニー・クラビッツから、「『ディグ・イン』が主題歌になったのは光栄なこと。映画の完成が楽しみ」とのコメントが寄せられた。本作は8月31日、全国東宝系にて公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi