ウッディ・アレンが、カンヌに参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年4月9日 > ウッディ・アレンが、カンヌに参加
メニュー

ウッディ・アレンが、カンヌに参加

2002年4月9日 12:00

ウッディ・アレンは映画祭嫌いで有名な監督だが(かつて、「アニー・ホール」でアカデミー賞を受賞したときも、ニューヨークのジャズクラブでクラリネットを吹いていたというのは有名な話)、その彼が、先日のアカデミー賞授賞式に続き、今年のカンヌ映画祭に出席することが明らかになった。彼の映画はフランスで圧倒的な人気を誇り、アレン自身も「私ほどアメリカ的な監督はいないと思うのに、なぜか母国よりもフランスでの方が評価してもらえるんだ。きっと字幕が素晴らしいんだろうね」と驚くほど。今回の出席は、そんなフランスの映画ファンに敬意を払うためだとか。ちなみにアレンの最新作「Hollywood Ending」は、カンヌ映画祭のオープニング作品として上映されることが決まっている。ウッディ・アレン演じる才能が枯渇した映画監督が、久々のカムバック映画を撮ることになるというストーリーだという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi