「スパイダーマン」ご一行が来日! 続編も始動? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年4月9日 > 「スパイダーマン」ご一行が来日! 続編も始動?
メニュー

「スパイダーマン」ご一行が来日! 続編も始動?

2002年4月9日 12:00

日本に来たのは、左から、初、2度目、初、3度目「スパイダーマン」

日本に来たのは、左から、初、2度目、初、3度目
[拡大画像]

公開まであと1カ月あまりに迫った「スパイダーマン」のプロモーションのため、監督のサム・ライミ以下、主演のトビー・マグワイアキルステン・ダンストウィレム・デフォーらが来日。東京・目白のフォーシーズンズホテルにて5日に記者会見を行った。アメコミの大人気キャラクターを映画化することについて、子供の頃からのスパイダーマン・ファンだったというライミ監督は「この映画を観た子供たちが、これからスパイダーマンをヒーローとして崇拝していくことになると思うと、プレッシャーを感じたよ。だから、キャラクター像についてはトビーやキルステンと一緒に考えたんだ」と製作中の心情を述べた。一方トビー・マグワイアは、「実は子供の頃、スパイダーマンは僕のヒーローではありませんでした。ご免なさい」と意外な事実を披露。だが、主演への抜擢について賛否巻き起こった過去もふまえ「この役は最初から自分にオファーが来たわけではなく、サム・ライミ監督のサポートもあって、長いプロセスを経てつかんだもの。今は非常に満足です」と発言。作品への自信をのぞかせた。

スパイダーマン生誕40周年の今年、最新のVFX技術を得て、ついに実写映画として完成する「スパイダーマン」。実は、早くも続編のプロジェクトが動き始めているらしいのだが、これについては会見では明らかにならなかった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi