ジョディ・フォスター5年ぶりの来日!「パニック・ルーム」記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年4月2日 > ジョディ・フォスター5年ぶりの来日!「パニック・ルーム」記者会見
メニュー

ジョディ・フォスター5年ぶりの来日!「パニック・ルーム」記者会見

2002年4月2日 12:00

撮影中は妊娠してたから 暇があれば眠ってたの「パニック・ルーム」

撮影中は妊娠してたから
暇があれば眠ってたの
[拡大画像]

全米では先週末に公開され、ボックスオフィス第1位の好スタートを切った「パニック・ルーム」。同作の日本公開に先立ち、4月1日、東京・日比谷の帝国ホテルにて記者会見が行われ、主演のジョディ・フォスターが5年ぶりの来日を果たした。

昨年のカンヌ映画祭審査委員長を辞退してまで、同作の出演にこだわった経緯について、「以前からデビッド・フィンチャー監督を尊敬していて、絶対にいつか一緒に仕事をしたいと思っていたの」と語る彼女にとって、ケガで降板したニコール・キッドマンの代役は願ってもないチャンスだった様子。名誉を辞退した自身の決断にも、「2週間という短い間で決断したおかげで、カンヌの関係者にも大きな迷惑を掛けずにすみました」と、迷いはなかった表情を見せた。

ジョディ・フォスターといえば、「羊たちの沈黙」のクラリス・スターリング役に代表されるように“強い女”の代名詞でもある。自身の“理想の女性像”については? という質問には「それは初めて聞かれたわ! とてもいい質問ね」と瞳を輝かせ、「今までいろんなタイプの役を演じてきたけど、“強さ”の部分では共通している。多分、自分が好きなんでしょうね」とニッコリ。「知的で、しっかりとした自分があり、なおかつユーモアのセンスがある、それが私の理想とする女性の姿よ」と語った。

「実際に母になったことで、何か新しいものが生まれたのは確か。母親役へのアプローチも変わったわ」と言う彼女が、実生活で母になって以来初めての母親役に挑んだのが、この「パニック・ルーム」。劇中、3人の侵入者から愛する娘を守るため、命懸けの闘いに挑む母親の姿には目を見張らされるはずだ。同作は、5月より丸の内ルーブルほか全国松竹・東急系にて公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi