全米脚本家協会賞ノミネート発表。あの作品が選から漏れた理由は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年2月12日 > 全米脚本家協会賞ノミネート発表。あの作品が選から漏れた理由は?
メニュー

全米脚本家協会賞ノミネート発表。あの作品が選から漏れた理由は?

2002年2月12日 12:00

全米脚本家協会(Writers Guild of America)賞のノミネートが発表となった。オリジナル脚本賞と脚色賞のあわせて10本のノミネート作が発表となったが、ここには他の映画賞で常連となっている「メメント」と「In the Bedroom」の名前はない。同賞の出品条件を満たしていないため、ノミネートを却下されたのである。ノミネートされる作品は、全米脚本家協会の契約にのっとって製作された映画でなくてはならないというルールがあり、低予算で製作された「メメント」と「In the Bedroom」は、コストを押さえるため、脚本家協会と契約を結んでいなかったのだそうだ。ちなみに、アカデミー賞のノミネートには脚本家協会との契約は関係ない。ノミネート作品は以下の通り。授賞式は3月2日に行われる。

オリジナル脚本賞

脚色賞

ムーラン・ルージュ

ビューティフル・マインド

バーバー

ブラックホーク・ダウン

「Monster's Ball」

ブリジット・ジョーンズの日記

「ロイヤル・テネンバウムズ(原)」

ロード・オブ・ザ・リング

「Gosford Park」

ゴースト・ワールド

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi