「オースティン3」“ゴールドメンバー”問題の余波 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年2月5日 > 「オースティン3」“ゴールドメンバー”問題の余波
メニュー

「オースティン3」“ゴールドメンバー”問題の余波

2002年2月5日 12:00

MGMってセコイぜ、ベイベエ!「オースティン・パワーズ」

MGMってセコイぜ、ベイベエ!
[拡大画像]

オースティン・パワーズ」シリーズ第3作「オースティン・パワーズ・イン・ゴールドメンバー」というタイトルに使用禁止命令が出たというニュースを先週お伝えしたが、これが予想以上の騒動を巻き起こしている。「007」の権利を所持するMGM側が、「007 ゴールドフィンガー」のパロディタイトルである「ゴールドメンバー」はMGMの権利を侵害していると主張したことがすべての発端。すでに「ゴールドメンバー」の宣伝を始めていたニューラインは、タイトルの使用許可を求めてMGMと交渉。MGMが出した条件は、2月15日公開のニューライン映画「John Q」(デンゼル・ワシントン主演)の公開延期だった。同日に、MGMが「Hart's War」(ブルース・ウィリス主演)をリリースするため、競合を避けようという意図だが、ニューラインはこの条件を退けた。ほかにも、MGMが今年「007 ゴールドフィンガー」をリバイバル上映する際、マイク・マイヤーズにその解説をやらせるとか、「007 ゴールドフィンガー」の予告編をニューラインがリリースするすべての映画の前に上映するなど、いくつもの条件が出されたが、合意には至らなかった。結局ニューラインが、「ゴールドメンバー」というタイトルを変更することで一応の決着となったが、今回の一連のもめ事は、今後新しいトラブルを生む可能性がある。たとえば今回、MGMが強硬な態度に出たことで、「オースティン・パワーズ」主演のマイク・マイヤーズが機嫌を損ね、MGMが製作する予定の「ピンク・パンサー」の出演を断ることもあり得る。ちなみに、回収された「ゴールドメンバー」の宣伝素材は、すでにレアアイテムとしてオークションサイトで高額取り引きされているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi