マライア・キャリー、ヴァージンとの契約を切られ、FAに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年1月8日 > マライア・キャリー、ヴァージンとの契約を切られ、FAに
メニュー

マライア・キャリー、ヴァージンとの契約を切られ、FAに

2002年1月8日 12:00

昨年、ヴァージン・レコードと1億ドルという契約金でアルバム5枚契約を結んだマライア・キャリーが、まだ9カ月しか経っていないうちに、契約を打ち切られた。初主演映画「グリッター きらめきの向こうに」が大コケし、同作のサウンドトラックも世界中でたった200万枚しか売れなかったのが原因のようだ。フリーエージェントとなった彼女は、次のレコード会社を探すことになる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi