「T3」の全米配給はワーナー・ブラザースに決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年12月18日 > 「T3」の全米配給はワーナー・ブラザースに決定!
メニュー

「T3」の全米配給はワーナー・ブラザースに決定!

2001年12月18日 12:00

ターミネーター3」の全米配給権が売りに出されていることは先週お伝えしたが、前金5000万ドルという高値にも関わらず、パラマウントやドリームワークスなどスタジオ4社が競合する展開になった。その結果、「ハリー・ポッター」や「オーシャンズ11」の大ヒットで最近絶好調のワーナー・ブラザースが全米配給権とビデオ権を獲得した。「T3」の製作を手がけるインターメディア社にとって、ワーナー・ブラザースは、背後にAOLタイムワーナーという巨大複合メディア産業がついていることが決め手となった模様だ。ワーナー・ブラザースは、「バットマン」シリーズや「リーサル・ウェポン」シリーズなどフランチャイズ戦略で知られ、「マトリックス」はあと2本、「ハリポタ」シリーズも4作目までの権利を取得しており、「ターミネーター」もシリーズ化を視野に入れている模様である。ちなみに「T3」の舞台は「T2」の10年後。20代になったジョン・コナーと相棒のターミネーターが、新たな変形ロボットと戦うというストーリーだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi