ドパルデュー、モスクワでワインの売り込み : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年12月18日 > ドパルデュー、モスクワでワインの売り込み
メニュー

ドパルデュー、モスクワでワインの売り込み

2001年12月18日 12:00

「ヴィドック」「ヴィドック」

「ヴィドック」
[拡大画像]

12月13日から16日まで、モスクワで「フランス映画祭」が開催された。これは、昨年に引き続き2度目の開催で、フランス文化・通信省の外郭団体ユニフランスと、在ロシアのフランス大使館の後援で行われているもの。オープニング作品には、ジェラール・ドパルデュー主演作の「ヴィドック」が上映、その他セドリック・カーン監督やフランソワ・デュペイロン監督の新作などが上映された。ところが、この映画祭に先立つ12月の5日、ジェラール・ドパルデューは、全く別の私用でモスクワを訪れていた。ロシアのMK(モスコフスキー・コムソモーレツ)紙などの報道によると、ドパルデューは自らが製造・販売するワイン「Chateau de Tigne」をたずさえ自家用機でやってきた。彼はモスクワで、大手スーパーマーケットを訪れ自分のワインを宣伝し、フランス大使館での歓迎昼食会に出席し、ロシアの有名人(ニキータ・ミハルコフ、元副首相のボリス・ニムツォフなど)を市内レストランに招待し、自分のワインでもてなしたんだとか。どこの国にも、副業のお盛んな役者さんが多いようで。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi