ライアン・フィリップが語る、「私がエピソード2を蹴った理由」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年12月11日 > ライアン・フィリップが語る、「私がエピソード2を蹴った理由」
メニュー

ライアン・フィリップが語る、「私がエピソード2を蹴った理由」

2001年12月11日 12:00

好きなものは好きなの「スター・ウォーズ」

好きなものは好きなの
[拡大画像]

ライアン・フィリップが、「エピソード2」を断った理由を初めて明かした。同作のアナキン・スカイウォーカー役は当時無名俳優だったハイデン・クリステンセンに渡ったが、ライアン・フィリップも最終オーディションまで残っていた。しかし、ナタリー・ポートマンとのオーディションで、年下を演じるのは無理があると実感し、諦めたというのだ(フィリップはポートマンより7歳年上)。また、憧れのジョージ・ルーカス監督が、大好きな「スター・ウォーズ」の話題にまったくのらず、かわりに「ハワード・ザ・ダック」の話ばかりをしたことも興味を失った理由のひとつだとか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi