ジャック・リベット最新作「恋ごころ」の主演女優が来日! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年11月27日 > ジャック・リベット最新作「恋ごころ」の主演女優が来日!
メニュー

ジャック・リベット最新作「恋ごころ」の主演女優が来日!

2001年11月27日 12:00

こう見えても2児のママ「恋ごころ」

こう見えても2児のママ
[拡大画像]

ヌーベル・バーグの巨匠、ジャック・リベット監督最新作「恋ごころ」のプロモーションのため、主演を務めたジャンヌ・バリバールが来日。東京・日比谷公園内にある日比谷松本楼で記者会見を行った。

映画の内容にちなんで用意されたベンチに腰掛けたジャンヌは、「祖母の影響で、昔から小津や谷崎などの日本文化に親しんできたの。日本に来られてとても感激しています」と挨拶。リベット監督の作品には脚本が存在せず、撮影直前にセリフが渡されることで知られるが、「私にはこの方法が合っていたわ。いつも役柄を作りこみすぎる傾向があったから。相手役やカメラの位置にあわせて、その場の流れの中で演じる方がずっと楽しいし、予想外の良い演技が出来ることに気づいたの」とコメントした。「俳優が役を構築するのではないと思う。カメラの前で行った様々な演技の中から、監督が必要なテイクを選び、その結果として人物像が出来上がっていくのでは」と独自の俳優論も披露した。

本作は6人の男女の恋模様を描いた軽快なラブ・ストーリー。2002年正月第2弾作品として、日比谷シャンテシネで公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi