「リング」のリメイク版、撮影開始! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年11月20日 > 「リング」のリメイク版、撮影開始!
メニュー

「リング」のリメイク版、撮影開始!

2001年11月20日 12:00

大物女優への道まっしぐら?「リング」

大物女優への道まっしぐら?
[拡大画像]

鈴木光司のベストセラーを98年に映画化、日本で大ヒットした「リング」のハリウッド版リメイク作品が、いよいよ撮影に突入する。ドリームワークスが、100万ドル(約1億2000 万円)で同作のリメイク権を取得して以来、監督には「メキシカン」のゴア・バービンスキーが決定し、キャスティングが進められていた。最近、ネット上に現れた複数の情報によると、このほど「貞子」にあたる少女に、「A.I.」に出演していたデイビー・チェイス、松嶋奈々子が演じた女性ジャーナリストの役に「マルホランド・ドライブ」のナオミ・ワッツが決定し、11月中にも撮影に入ることが分かった。かつて、日本映画がハリウッドでリメイクされたのは、黒澤明の「用心棒」がブルース・ウィリス主演で「ラストマン・スタンディング」になった例があるのみ(「荒野の七人」は正規のリメイク権を取得していない)。ハリウッド版「リング」の内容について、詳細はまだ明らかでないが、どんな貞子がスクリーンに登場するのか楽しみに待ちたい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi