飯島愛の原作「プラトニック・セックス」映画版が完成! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年9月25日 > 飯島愛の原作「プラトニック・セックス」映画版が完成!
メニュー

飯島愛の原作「プラトニック・セックス」映画版が完成!

2001年9月25日 12:00

左からオダギリジョー、松浦雅子監督、 加賀美早紀、飯島愛「プラトニック・セックス」

左からオダギリジョー、松浦雅子監督、
加賀美早紀、飯島愛
[拡大画像]

タレント・飯島愛が、援助交際・自殺未遂・AV出演といった過去を赤裸々に綴り、100万部を超えるベストセラーとなった「プラトニック・セックス」。その映画版が遂に完成、25日、第一ホテル東京(東京・新橋)にて完成記者会見が行われた。会見には、1万2083人の中からオーディションで主人公・あおい役に選ばれた加賀美早紀、その恋人・敏海を演じたオダギリジョー、松浦雅子監督、そして監修を務めた原作者・飯島愛が顔を揃えた。

「あまり他人に関心を持とうとしなかった自分が、作品に出演することを通して他人を信じることの大切さを知った」と自身の成長を例に作品の力について語ったのは、現役の女子高生でもある16歳の加賀美。飯島は「表現は過激だけど、16、7の女の子なら誰もが感じる心情が描かれている。まさに早紀ちゃんたちの世代に一番観てもらいたい」と、同作が過激な内容からR-15指定となりながらも、普遍的な切ないラブストーリーであるとアピールした。

また、同日夜にはお台場のシネマメディアージュにて完成披露試写会が行われ、先の4名に加えて、あおいの同僚・明美役の野波麻帆、スカウトマン・金井役の加勢大周が舞台挨拶に参加、会場に集まった観客を湧かせた。同作は、ニュー東宝シネマほかにて10月20日公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi