マライア主演作、災い転じて福? 大ヒットの可能性が : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年9月18日 > マライア主演作、災い転じて福? 大ヒットの可能性が
メニュー

マライア主演作、災い転じて福? 大ヒットの可能性が

2001年9月18日 12:00

画像1

[拡大画像]

ティム・アレン主演コメディ「ビッグ・トラブル」の公開延期、さらにデンゼル・ワシントン主演のアクション「トレーニング・デイ」の公開も10月5日に変更となったため、今週末アメリカで大々的に公開される新作映画はマライア・キャリー初主演映画「グリッター/きらめきの向こうに」のみとなった。同作は批評家からは手厳しい評価をうけているが、若者向けで、「苦難の子供時代を過ごした歌手(マライア)が、本当の家族と見つけだす話」という健全なストーリーであることから、キアヌ主演の「ハードボール」同様、ヒットとなる可能性がでてきた。同作はもともと8月31日公開予定だったが、マライアの入院騒ぎの影響で、9月21日へと変更になった経緯がある。来週のボックスオフィス結果に注目したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi