ペネロペしかいなかった! 「コレリ大尉のマンドリン」監督が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年9月4日 > ペネロペしかいなかった! 「コレリ大尉のマンドリン」監督が来日
メニュー

ペネロペしかいなかった! 「コレリ大尉のマンドリン」監督が来日

2001年9月4日 12:00

画像1

[拡大画像]

94年に出版された英国のベストセラー小説、「コレリ大尉のマンドリン」の映画化を手がけたジョン・マッデン監督が来日し、9月3日、東京・帝国ホテルにて記者会見を行った。

会見冒頭、マッデン監督は「この作品は単なる男女2人のラブストーリーではありません。娘の父親の関係や、イタリアとギリシャという異なる文化が次第に互いを認め合う点も愛のひとつだと思います」と愛の持つ多様性について語った。物語の舞台、ケファロニア島については「この島から私は多くのインスピレーションを得ました。雰囲気、フィーリング、島が持つ音、リズムを表現することが重要だった」とコメント。また、今ハリウッドが熱い視線を送るスペイン女優ペネロペ・クルスについては、「原作を読んだときから、主演は彼女しかいないと思っていました。彼女は透明で自然な感じを持っている女優です。だからカメラは彼女の魂を写し撮るかのようでした」と絶賛した。また、会見のラストには監督の大ファンという藤崎奈々子さんが登場し、花束贈呈を行った。同作品は22日からロードショー公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi