スティーブン・セガール来日。日本男児へ熱いメッセージ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年7月24日 > スティーブン・セガール来日。日本男児へ熱いメッセージ
メニュー

スティーブン・セガール来日。日本男児へ熱いメッセージ

2001年7月24日 12:00

猛暑なのに、なぜコートを……「DENGEKI 電撃」

猛暑なのに、なぜコートを……
[拡大画像]

「沈黙」シリーズで知られるスティーブン・セガールが、8月11日より渋谷東急3ほか全国松竹東急系で公開される主演作「DENGEKI/電撃」のプロモーションのために来日、24日、セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷)にて記者会見を行った。日本に10年以上住んでいたセガールは、集まったマスコミ陣に向かって「こんにちは。みんな、忙しいね~」と関西訛りの日本語で挨拶し、「ご質問あればお答えします」と自ら会見の口火を切った。

全米公開後3日間で1900万ドル(約23億円)を稼ぎ、セガール主演作としてはナンバーワンの出足を記録した本作。セガールは、これまでの無敵のヒーロー的役柄とはひと味違う“落ちこぼれ刑事”に、トレードマークのちょんまげをばっさり断髪して臨んだ。「プロデューサーであるジョエル・シルバーから(髪を切るよう)要請があったんだ。納得して切ったよ。髪なんかかまへん」と日本語まじりでコメント。「人生には白黒はっきりしているものなどなく、色んな見方がある。この映画はそういう点が良く描かれている」と本作の魅力を語った。しばらく映画出演から遠ざかっていた理由については、「長く働いていると、休みをとりたくなるんだ」。といってもただ休んでいたわけではなく「チャリティーや勉強のため、世界中を飛びまわっていた」とのこと。ひ弱と言われがちな日本男児へ「物事の本質を見抜き、自らを育てることの出来るウォリアー(戦士)になれ!」と熱いメッセージを残した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi