続々出てくるスタジオのヤラセ疑惑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年6月26日 > 続々出てくるスタジオのヤラセ疑惑
メニュー

続々出てくるスタジオのヤラセ疑惑

2001年6月26日 12:00

ヤラセCMがソニー・ピクチャーズ以外のスタジオでも発覚した。20世紀フォックスの子会社で、アート系映画の配給を手がけるフォックス・サーチライト社は、99年「ウェイクアップ!ネッド」公開時に、一般観客の絶賛コメントを集めたCMを製作。その中で社員が一般人のふりをして「最高に笑える!」とコメントしていたというのである。現在、同社の宣伝部は99年当時とまったく異なり、この件に関知しているスタッフは残っていないので、会社としてはとくに処分はしない模様。ちなみに、ヤラセをやった女性社員は現在ユニバーサルの宣伝部にいるという。しかし、このレベルのヤラセをいちいち追求しても、キリがないのでは?

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi