スピルバーグも憂慮? フランス映画祭会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年6月26日 > スピルバーグも憂慮? フランス映画祭会見
メニュー

スピルバーグも憂慮? フランス映画祭会見

2001年6月26日 12:00

(左より)グルドー=モンターニュ大使 プランティエ会長、ナタリー・バイ、青山真治監督「月の砂漠」

(左より)グルドー=モンターニュ大使
プランティエ会長、ナタリー・バイ、青山真治監督
[拡大画像]

第9回フランス映画祭横浜2001が、6月20日から24日パシフィコ横浜にて開催、ジャン=ジャック・ベネックス監督最新作「モータル・トランスファー(原)」を含む19本の長編と6本の短編が上映された。開催初日となる6月20日には駐日フランス大使公邸(東京・港区)にて記者会見が行われ、同映画祭代表団団長を務める女優のナタリー・バイ、日仏交流作品として「月の砂漠」が上映される青山真治監督らが出席した。

かつて同映画祭で観たジャン=リュック・ゴダールの「JLG/JLG 十二月の自画像」が監督を目指すきっかけになったと語る青山監督は「この映画祭はかつての僕のように、映画を目指す若い人や映画好きの人たちにすばらしい影響を与えると思う」とコメント。また当日は「パール・ハーバー」、翌21日には「A.I.」の会見が行われるとあって、記者からは「アメリカ映画の攻勢がすごいですが」との質問も飛び出したが、ブランティエ会長(ユニフランス・フィルム・インターナショナル)は「全てフランス映画に対抗するための自衛の策でしょう。日本におけるフランス映画のマーケットは大きいですから、スピルバーグが心配するのも分かります」と余裕の発言で返し、取材陣を笑わせた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi