米ソニーの宣伝活動に、またもヤラセ疑惑が! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年6月19日 > 米ソニーの宣伝活動に、またもヤラセ疑惑が!
メニュー

米ソニーの宣伝活動に、またもヤラセ疑惑が!

2001年6月19日 12:00

先週、架空の批評家を作りだしていたことが発覚したソニー・ピクチャーズだが、新たなスキャンダルが浮上した。昨年夏、ソニーは劇場から出てきたばかりの観客の絶賛コメントを集めた「パトリオット」のテレビCMを主要ネットワーク局で放送したのだが、一般観客の中にマーケティング部の社員2名が紛れていたというのだ。このCMが放送されたのは、同作がスパイク・リー監督に「黒人の立場を無視している」と批判された直後で、黒人社員2名に「最高のデートムービーよ!」と絶賛させることで、批判をかわす狙いがあったものとみられる。ソニーに限らず、「街頭インタビュー」CMには疑惑が多く、俳優や社員を一般観客として登場させるケースが少なくないと言われている。ソニーは今後同様のCMを自粛すると発表した。日本の配給会社も頭が痛いのでは?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi