デッチ上げ広告、世にはばかる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年6月12日 > デッチ上げ広告、世にはばかる
メニュー

デッチ上げ広告、世にはばかる

2001年6月12日 12:00

アメリカの映画広告には、その映画に好意的な批評を抜粋してポスターやチラシに刷り込んであるものだが、米ソニー・ピクチャーズが架空の批評家を作り出し、自社作品を絶賛させていたことが、米ニューズウィーク誌の報道で発覚した。これまで「インビジブル」「バーティカル・リミット」「ナイツ・テール」「The Animal」という4作品の広告で「デビッド・マニング」という人物の絶賛コメントが引用されていたが、ニューズウィーク誌の調べでこの人物が実在しないことがわかった。主犯とされるソニーのマーケティング部の重役2人は、直ちに30日の停職処分となった。この事件に関して映画業界の受け止め方は意外なほど冷静で、「架空の人間を作りだすほどのクリエイティビティーがあるなら、どうしてソニーはまともな作品を作ることができないのか」と皮肉を込めたコメントをしている程度だ。だが、一般観客の中にはこの詐欺事件に憤りを覚えているものもいる。「ヒース・レジャーは今年のもっともホットなスターだ!」という「デビッド・マニング」のコメントを信じて「ナイツ・テール」を見た観客2名が、ソニーを相手に訴訟を起こしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi