モルダー初来日。監督のユーモア・センスは「?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年6月12日 > モルダー初来日。監督のユーモア・センスは「?」
メニュー

モルダー初来日。監督のユーモア・センスは「?」

2001年6月12日 12:00

記者会見には 藤崎奈々子が花束贈呈に駆け付けた「エボリューション」

記者会見には
藤崎奈々子が花束贈呈に駆け付けた
[拡大画像]

今秋公開の「エボリューション」に主演したデビッド・ドゥカブニーが来日、6月11日の完成披露試写会では、日劇プラザを満員に埋めた観客の前で舞台挨拶を、翌12日には、パーク・ハイアット(東京・新宿)にて記者会見を行った。

モルダー役の印象が強いドゥカブニーが「X-ファイル」を降板することは先週お伝えしたが、記者からは本作について「『X-ファイル』のセルフ・パロディでは?」との質問も。ドゥカブニーは「この映画にはエイリアンが出てくるのでセルフ・パロディと感じるかもしれないが、それは“ヒニクナグウゼン”だ(なぜか日本語)」と否定、「『X-ファイル』とは違うテイストの作品に出演したかった」と語った。また、「(ドゥカブニーの妻で女優の)ティア・レオーニ(「天使のくれた時間」)はもう映画を観たのか?」との質問には、「彼女と電話で話すたびに『もう観た?』と聞くけれど、返事はいつも『NO! NO! NO! 』。多分、昼間のマチネーとかで安く観る気なのだと思う」と集まった取材陣を笑わせながらも、「彼女の意見は重要なので、早く聞きたい」と愛妻家の一面ものぞかせた。なお、監督のアイバン・ライトマンについては、「彼はユーモアのセンスがない(笑)。現場ではどうすれば観客が笑えるか、みんなが真剣に考えて監督にアイデアを出していたよ」。ここはひとつ、ドゥカブニーのユーモアセンスに注目してみたい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi