「パール・ハーバー」にバッシングの嵐 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年6月5日 > 「パール・ハーバー」にバッシングの嵐
メニュー

「パール・ハーバー」にバッシングの嵐

2001年6月5日 12:00

そのあからさまな愛国精神と上映時間の長さで、「パール・ハーバー」はアメリカのマスコミから批判を受けている。ワシントン・ポスト紙は、真珠湾攻撃を扱った過去の戦争映画「トラ!トラ!トラ!」にかけて、「ボア、ボア、ボア(退屈で退屈で退屈)」と読者に警告を発しているほどだ。批判が集中しているのは、「パール・ハーバー」の歴史的描写の不正確さ。エンターテインメント・ウィークリー誌では、「パール・ハーバー」における9つの疑問点を歴史学者とともに解説している。たとえば、子供たちが野球をしている頭上を零戦が飛んでいくシーンがあるが、歴史学者によれば「爆撃が始まったのは日曜日の午前7時55分で、そんな朝っぱらからリトルリーグをやっているはずがない」。また、ベン・アフレックの演じるキャラクターは折り紙が得意という設定だが、当時のアメリカ人に折り紙を知る由はなかったとか。単なる娯楽映画に対してはかなり手厳しい批判だが、それもスタジオ側が「パール・ハーバー」を「歴史ドラマ」として売り込んだため。自業自得というところか?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi