「エクソシスト」の監督らがギャラ未払い問題で訴訟 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年5月29日 > 「エクソシスト」の監督らがギャラ未払い問題で訴訟
メニュー

「エクソシスト」の監督らがギャラ未払い問題で訴訟

2001年5月29日 12:00

最近当たってないもんね「エクソシスト」

最近当たってないもんね
[拡大画像]

エクソシスト」のウィリアム・フリードキン監督(写真)と、原作の著者で脚本家を担当したウィリアム・ピーター・ブラッティが、契約不履行でワーナー映画を訴えた。昨年上映され、大ヒットを記録した「エクソシスト/ディレクターズ・カット版」の利益を、約束通りに受け取っていないというのがその理由。彼らの主張によると、契約ではブラッティが利益の39%、フリードキン監督が10%を手にすることになっていたそう。実際のところはワーナー側の主張を聞かないとわからないが、この2人に恨まれると怖いことは確か。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi