北野武に会場爆笑「イタリア映画祭」記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年5月1日 > 北野武に会場爆笑「イタリア映画祭」記者会見
メニュー

北野武に会場爆笑「イタリア映画祭」記者会見

2001年5月1日 12:00

今回上映される作品の中の1つ、「乳母」に出演の女優マヤ・サンサと北野監督「HANA-BI」

今回上映される作品の中の1つ、「乳母」に出演の女優マヤ・サンサと北野監督
[拡大画像]

「日本におけるイタリア年」の公式イベントとして、有楽町朝日ホールほかにて4月28日から開催されている「イタリア映画祭2001」。4月27日、イタリア大使館(東京・港区)にて記者会見が行われた。会見には、「HANA-BI」で第54回ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した北野武監督がゲストとして招かれたほか、フランチェスカ・アルキブージをはじめとするイタリア人若手監督4名や女優のマヤ・サンサ、およびガブリエレ・メネガッティ駐日イタリア大使らが出席した。

今回上映される「血の記憶」が、本国で“新しいイタリア映画黄金時代の幕開け”として迎えられたエドアルド・ウィンスピア監督は、「かつてのイタリア映画はローマを中心に描かれていたが、最近では様々な地方に分散してきている」と近年のイタリア映画の傾向を語った。また、唯一日本人監督として出席し、イタリア・シネマ理事長のルチア―ナ・カステッリーナに「世界的な大監督」と称された北野監督は、「このような場に呼ばれるなんて、何かの冗談のよう」と恐縮したそぶりを見せながらも「まあ、私よりすごい監督は日本にいませんが (笑)」と続け、集まった取材陣を爆笑させた。さらに、外国人記者からの「伊丹十三監督などによる少数の作品を除いて、何故、日本では社会派映画が作られないのか」という問いに「作っても観る人がいないから。伊丹十三の映画が社会派ならば、どんな映画でも社会派と言えるでしょう」と毒舌ぶりを発揮した。

「イタリア映画祭2001」は、5月6日まで東京で開催された後、仙台、高知など全国9ヵ所を巡回、日本未公開の現代イタリア映画10作品を上映する予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi