「ブリジット・ジョーンズの日記」早くも続編? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年4月24日 > 「ブリジット・ジョーンズの日記」早くも続編?
メニュー

「ブリジット・ジョーンズの日記」早くも続編?

2001年4月24日 12:00

画像1

イギリスの作家、ヘレン・フィールディングの人気小説を映画化した「ブリジット・ジョーンズの日記」は、今週全米興業成績で1位を記録した。さらに本国イギリスでは、1000万ドル(約12億5000万円)の興収をあげ、イギリス映画史上最大のオープニング記録を打ち立てている。同作を製作したワーキング・タイトル・フィルム(「フォー・ウェディング」や「ノッティングヒルの恋人」など)は、早くも続編製作の準備を進めており、すでに同小説の続編にあたる「Bridget Jones: The Edge of Reason」(邦題は「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12カ月」)の映画化権を取得している。体重を増量してブリジット・ジョーンズ役に望んだレニー・ゼルウィガーはまだ契約にサインしていないが、ワーキング・タイトル側は契約に自信がある模様。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi