ゼタ=ジョーンズ、ヒュー・グラントの新作から降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年4月17日 > ゼタ=ジョーンズ、ヒュー・グラントの新作から降板
メニュー

ゼタ=ジョーンズ、ヒュー・グラントの新作から降板

2001年4月17日 12:00

マイケル・ダグラスもかなりの子煩悩だとか「トラフィック」

マイケル・ダグラスもかなりの子煩悩だとか
[拡大画像]

トラフィック」で熱演を見せたキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、ヒュー・グラント主演の「About a Boy」を降りることになった。この作品は「ハイ・フィデリティ」を書いたイギリスの人気作家ニック・ホーンビーによる同名小説の映画化で、大人になりきれない30代の独身男と、シングルマザーの家庭に育つ少年との友情を描いたもの。ゼタ=ジョーンズはシングルマザー役をオファーされていたが、生後8カ月になる息子の育児を優先した模様。映画でのママより、実生活でのママを選んだということか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi