天海祐希、「千年の恋」で6年ぶりに男役に挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年4月17日 > 天海祐希、「千年の恋」で6年ぶりに男役に挑戦
メニュー

天海祐希、「千年の恋」で6年ぶりに男役に挑戦

2001年4月17日 12:00

(後列左より)水橋貴己、中山忍、かたせ梨乃、竹下景子、細川ふみえ、南野陽子、風間トオル (前列左より)片岡鶴太郎、常磐貴子、吉永小百合、天海祐希、渡辺謙「千年の恋 ひかる源氏物語」

(後列左より)水橋貴己、中山忍、かたせ梨乃、竹下景子、細川ふみえ、南野陽子、風間トオル
(前列左より)片岡鶴太郎、常磐貴子、吉永小百合、天海祐希、渡辺謙
[拡大画像]

4月12日、東京・赤坂プリンスホテルにて、「千年の恋 ひかる源氏物語」の製作発表が行われた。「源氏物語」の著者、紫式部の現実の世界と、光源氏をとりまく物語の世界が絡み合いながら描かれる本作は、東映の創立50周年記念作品とあって総製作費14億円をかけた「東映始まって以来の超大作」(高岩淡 東映社長)になるという。出席したのは吉永小百合天海祐希常盤貴子ほか8名の出演者と、題字・画を担当した片岡鶴太郎堀川とんこう監督ほか4名のスタッフで、合計15名におよんだ。

本作では、紫式部を吉永、ライバルの清少納言森光子が演じるほか、光源氏を天海、彼に育てられる紫の上を常盤、原作には登場しない歌姫を松田聖子など、華やかなキャスティングが決定している。本格的な日本映画は初出演となる常盤は「ドラマでたくさんのラブ・ストーリーを演じてきたけれど、その中でも『源氏物語』は究極。大好きな物語なので、出演は即決」とコメント。また、宝塚退団以来6年振りの男役を演じる天海は「鈍っていた勘が戻ってきました。もう男役は演じないつもりでしたが、今までの経験を生かしてがんばりたい」と抱負を語った。2001年12月、全国東映系にて公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi