“スター発掘人”ジャン=ジャック・アノー監督来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年4月10日 > “スター発掘人”ジャン=ジャック・アノー監督来日
メニュー

“スター発掘人”ジャン=ジャック・アノー監督来日

2001年4月10日 12:00

日本びいきの監督は会見でも「何でも聞いて」とご機嫌「スターリングラード」

日本びいきの監督は会見でも「何でも聞いて」とご機嫌
[拡大画像]

第二次世界大戦時、その天才的な射撃の才能ゆえにロシアの英雄に祭りあげられた実在の青年スナイパー、バシリ・ザイツェフの愛と苦悩を描いたドラマ「スターリングラード」。本作の公開に先立ち、4月4日、ジャン=ジャック・アノー監督が来日し都内で記者会見を行った。

主演である人気俳優ジュード・ロウについて、監督は「ブラッド・ピットもそうだったが、彼も10年以内に世界のトップスターになるだろう」と高く評価し、「この映画の心はスナイパーの必須条件である“目”の鋭さにある。彼と初めてレストランで会った時、彼はずっと奥に座っていたのにその目は闇の中のライトのように輝いていた」と、ジュードの“眼力”が起用の決め手となったと語った。

また前作「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のブラッド・ピットに続く今回のジュード・ロウとの共作で、会場から「監督は美形俳優を発掘する才能があるのでは?」との質問も飛び出し、監督も「ジェーン・マーチ(『愛人/ラマン』)はカメラテストもせずに起用したし、『薔薇の名前』ではショーン・コネリーを復活させた」とまんざらでもなさそうな答え。でも今は「目をつけている俳優はまだいない。これから探さないとね」だそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi