ジュード・ロウが若き日のレクター博士に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年3月27日 > ジュード・ロウが若き日のレクター博士に?
メニュー

ジュード・ロウが若き日のレクター博士に?

2001年3月27日 12:00

画像1

レクターを演じるかもしれないジュード・ロウ(左)と、トマス・ハリスの小説「レッド・ドラゴン」(右)。和訳版も早川書房より発売中「ハンニバル」

レクターを演じるかもしれないジュード・ロウ(左)と、トマス・ハリスの小説「レッド・ドラゴン」(右)。和訳版も早川書房より発売中
[拡大画像]

現在全米公開中の「スターリングラード」で、ロシアの伝説的狙撃手を演じているジュード・ロウだが、その彼がトマス・ハリス原作の「レッド・ドラゴン」でハンニバル・レクター博士を演じる可能性が出てきた。「レッド・ドラゴン」は、かつてマイケル・マン監督の手により、「刑事グラハム/凍りついた欲望」という題名で一度映画化されているが、今回の「ハンニバル」の大ヒットを受けて、プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスが再映画化に意欲を見せている。当初、アンソニー・ホプキンスにオファーが行われた模様だが、やはり「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」以前の時代が舞台となるため、 ホプキンスより若い役者を起用することになったようだ。脚本が完成次第、製作側はロウに正式オファーするという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi