全米映画監督協会賞にアン・リー監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年3月13日 > 全米映画監督協会賞にアン・リー監督
メニュー

全米映画監督協会賞にアン・リー監督

2001年3月13日 12:00

オスカーはほぼ確実?「グリーン・デスティニー」

オスカーはほぼ確実?
[拡大画像]

台湾出身の映画監督、アン・リー監督が、映画「グリーン・デスティニー」で全米映画監督協会(DGA)の最優秀監督賞を受賞した。 同監督は約2週間後に発表されるアカデミー賞で、監督賞部門にノミネートされており、今回の受賞はアカデミー賞受賞への強力な後押しとなる。 この作品は、アカデミー作品賞、外国語映画賞にもノミネートされている。 同組合の最優秀監督賞には、「グラディエーター」のリドリー・スコット監督、「エリン・ブロコビッチ」と「トラフィック」のスティーブン・ソダーバーグ監督、そして「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督がノミネートされていた。 ちなみに、過去53年間、4回の例外を除いて、この賞に輝いた監督がアカデミー賞でも監督賞を受賞している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi