パート3製作、早くも決定? レクター博士来日記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年3月6日 > パート3製作、早くも決定? レクター博士来日記者会見
メニュー

パート3製作、早くも決定? レクター博士来日記者会見

2001年3月6日 12:00

(写真左から)アンソニー・ホプキンス、マーサ・デ・ラウレンティス、ディノ・デ・ラウレンティス「ハンニバル」

(写真左から)アンソニー・ホプキンス、マーサ・デ・ラウレンティス、ディノ・デ・ラウレンティス
[拡大画像]

いよいよ公開までのカウントダウンが始まった「ハンニバル」。公開を約1ヵ月後に控えた3月5日、ハンニバル・レクター博士ことアンソニー・ホプキンスが、製作のディノ・デ・ラウレンティスマーサ・デ・ラウレンティスとともに来日。新宿のパーク・ハイアット東京で記者会見を行った。

実は菜食主義者のホプキンス。異常な食嗜好を持つハンニバル・レクターというキャラクターについて質問されると「私は、料理はゆで卵すら作れない」とコメントして会場の爆笑を誘い、共演者についての質問では、ノークレジットであるメイスン役の俳優の名前を自らバラしてしまうなど、かなり饒舌な調子で記者の質問に答えていた。一方、ディノ・デ・ラウレンティスと妻のマーサは、「なぜ監督がリドリー・スコットに決まったか」という製作秘話や、噂の“ディレクターズ・カット版”に関わってきそうな「ラストシーンは2パターン撮った」、「殺人鬼イル・モストロが登場するバージョンがあった」など、原作のファンが聞けば思わず身を乗り出してしまうような撮影裏話、さらには「レクターシリーズの3作目はトマス・ハリス原作ではなくオリジナルストーリーで、東京を舞台に撮りたい」といった仰天プランまで、興味深いエピソードを次々披露し、会見を充実した内容にしてくれた。

3人は、その日の夕方、渋谷パンテオンで行われた試写会で舞台挨拶に参加。翌6日には帰国の途につくという過密スケジュールで、日本でのプロモーション活動を終えた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi