ソダーバーグ監督、オスカーで二兎は追えず : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年2月20日 > ソダーバーグ監督、オスカーで二兎は追えず
メニュー

ソダーバーグ監督、オスカーで二兎は追えず

2001年2月20日 12:00

授賞式はパスですか?「エリン・ブロコビッチ」

授賞式はパスですか?
[拡大画像]

本年度のアカデミー賞監督賞に「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」の2作品でノミネートされているソダーバーグ監督だが、このままでは票が分れて受賞不可能だと業界筋は見ている。今年のゴールデングローブ賞でソダーバーグ監督がアン・リー監督に敗れた理由もそのためだと言われている。ソダーバーグ監督が自らどちらかの作品を強く推せば、票が一本化されて勝利の確立は俄然高くなるのだが、当の監督は、周囲がいくら勧めても自分の好みを主張するつもりはないのだという。かつて「セックスと嘘とビデオテープ」でカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したとき、「ぼくの人生を台無しにしてくれてありがとう」と皮肉たっぷりのスピーチをしたソダーバーグ監督のこと、賞レースにはまるで関心がないようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi