ベルリン映画祭、グランプリが発表! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年2月20日 > ベルリン映画祭、グランプリが発表!
メニュー

ベルリン映画祭、グランプリが発表!

2001年2月20日 12:00

2月7日から18日まで開催されていた第51回ベルリン国際映画祭の受賞者と受賞作品が発表された。グランプリに当たる金熊賞に選ばれたのは、大胆な性描写で論議を呼んだパトリス・シェロー監督の「Intimacy」。 銀熊賞の主演女優賞は、同作品に出演したケリー・フォックス。主演男優賞は、スティーブン・スダーバーグ監督の「トラフィック」で本年度のオスカーにもノミネートされているベニチオ・デル・トロに決まった。日本勢も大健闘した。まず、特別招待作品として「日本の黒い夏─寃罪」を上映した熊井啓監督が、特別功労賞に当たるベルリナーレ・カメラ賞を受賞、小沼勝監督の「NAGISA/なぎさ」がドイツ児童映画グランプリ、新藤兼人監督の孫である新藤風監督の「LOVE/JUICE」がウォルフガング・シュタウテ賞を受賞した。主な結果は以下の通り。

金熊賞(グランプリ)

「Intimacy」(フランス)

銀熊賞(審査員特別賞)

「Beijing Bicycle」(中国)

銀熊賞(監督賞)

林正盛/「Betelnut Beauty」(台湾)

銀熊賞(主演男優賞)

ベニチオ・デル・トロ/「トラフィック」(アメリカ)

銀熊賞(主演女優賞)

ケリー・フォックス/「Intimacy」(フランス)

銀熊賞(審査員賞)

「Italian for Beginners」(デンマーク)

アルフレート・バウアー賞

(新人監督賞)

ルクレシア・マルテル

/「沼地という名の町」(アルゼンチン)

ブルー・エンジェル賞

「Intimacy」(フランス)

ベルリナーレ・カメラ賞

(特別功労賞)

カーク・ダグラス熊井啓

ドイツ児童映画グランプリ

NAGISA/なぎさ」(日本)

ウォルフガング・シュタウテ賞

(新人作品賞)

LOVE/JUICE」(日本)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi