“ミート・デ・ニーロ”は恐怖!? ベン・スティラー見参! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年2月13日 > “ミート・デ・ニーロ”は恐怖!? ベン・スティラー見参!
メニュー

“ミート・デ・ニーロ”は恐怖!? ベン・スティラー見参!

2001年2月13日 12:00

(左より)ジェイ・ローチ監督、ベン・スティラー「ミート・ザ・ペアレンツ」

(左より)ジェイ・ローチ監督、ベン・スティラー
[拡大画像]

結婚を控え、恋人の両親に初めての挨拶。世の男性が人生で最も (?) 緊張するこの瞬間に、現れたのがコワモテのデ・ニーロみたいな親父だったら? そして、彼が自分をちっとも気に入ってなかったら? そんな悲(喜)劇に見舞われた男の顛末を描いたコメディ「ミート・ザ・ペアレンツ」。本作のプロモーションのため、主演のベン・スティラージェイ・ローチ監督が来日。2月9日、銀座ホテル西洋にて会見を行った。

何と言っても、映画のポイントは「実際にいたらやだな」と思わせる、ロバート・デ・ニーロ演じる婚約者の父親(しかも元CIA)。本作で初めてデ・ニーロと顔を合わせた2人は、あまりもの緊張に“恐怖”すら覚えたと言う。「でもその緊張が僕の演技に役立った。向こうもそれを利用して演技していたよ」とベン。

また、「メリーに首ったけ」でキャメロン・ディアスを追いかけるドジな男を演じてから日本でもコメディアンとしての認知度が高まったスティラーと、かたや「オースティン・パワーズ」シリーズのローチ監督。2人の共通項とも言える“コメディ”について、ベンは「シリアスな映画はいろんな解釈ができるが、コメディは笑うか笑わないかという明確な結果だけ。シビアだけどやりがいがある」と語り、監督は「僕にとって、映画で笑う観客を見ることはドラッグのような陶酔をもたらすんだ」と熱く語った。

また、記者団の中にはこれから婚約者の両親と“ミート・ザ・ペアレンツ”するという男性も現れ、2人から「この映画をご両親に見せてはどうか?」と指南を受ける場面も見られた。

本作は3月下旬、日比谷映画ほか全国東宝洋画系にてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi