トム&ニコール、離婚の真相は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年2月13日 > トム&ニコール、離婚の真相は?
メニュー

トム&ニコール、離婚の真相は?

2001年2月13日 12:00

ニコール・キッドマンとの別居を発表した2日後、トム・クルーズが離婚届を提出した。現在、両者とも業界トップの弁護士を立てて、総額4億ドル(約450億円)以上と言われる巨額の財産を争っている。理想のカップルとして知られていたために、映画関係者の多くは未だにとまどいを隠せない様子だ。2人とも仕事で忙しく、そのすれ違いからズレが生じたのが原因と発表されたが、ほかにも原因があったのではないかという憶測がアメリカのメディアをにぎわせている。

で、5年分の生活扶助費はいくら?

で、5年分の生活扶助費はいくら?
[拡大画像]

各メディアが共通して指摘しているのは、宗教面でのズレ。2人はサイエントロジーという新興宗教の信者で、この宗教に非常に熱心なトムに対し、クリスチャンとして育てられたニコールはそれほどではなかったと言われ、このことが亀裂を生んだ可能性は高い。またニコールは、自分の故郷であるオーストラリアに拠点を置きたいと考えていたが、トムのほうがアメリカ中心の生活を望んでいたことも衝突の原因となった可能性がある。

しかし一番の謎は、なぜ今このタイミングで離婚に踏み切ったのかということだ。彼らが別居したのは結婚10周年の記念日にあたる昨年12月24日の3日前。カリフォルニア州の法律では、結婚生活が10年以上の場合、離婚した妻に対する慰謝料として、一生分の生活扶助料を支払う義務があるが、10年未満なら5年間で良いとされている。イギリスのサンデー・ミラー紙によれば、10年未満で結婚生活が破綻したことにより、トムは1億ポンド(約170億円)近くも節約できた計算になるという。トムが離婚を急いだ背景には、こういった金銭的な理由があったのではと噂されている。だが一方、数週間前、ニコール・キッドマンが膝のケガ再発でデビッド・フィンチャー監督作「The Panic Room」を辞退したが、このことが離婚と何らかの関係があるのでは、との説もある。

いずれにせよ、すべては憶測の域を出ないわけだが、本人たちが真相を話すことはなさそうだ。なにしろ、トムとニコールといえばこれまでプライベートに関して秘密主義を貫いていて、関係者には自分たちの私生活を第3者に語らないよう誓約書を書かせていたこともあるほど。その徹底的な秘密主義から、仮面夫婦説やトム・クルーズのゲイ疑惑などが浮上したことがあるが、そのたびに二人は応戦し、イギリスのタブロイド誌との法廷闘争にも勝利している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi