M・ナイト・シャマラン監督、日本初会見はISDN中継で! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年1月30日 > M・ナイト・シャマラン監督、日本初会見はISDN中継で!
メニュー

M・ナイト・シャマラン監督、日本初会見はISDN中継で!

2001年1月30日 12:00

画像1

[拡大画像]

シックス・センス」で一躍有名監督の仲間入りをし、最新作「アンブレイカブル」の公開が待たれるM・ナイト・シャマラン監督の記者会見が1月30日、東京・お茶の水にて行われた。今回の会見は、シャマラン監督の地元フィラデルフィアと東京の会場をISDN回線で結び、モニターを通して質議応答するという異例の記者会見となった。

シックス・センス」で大成功し、本作「アンブレイカブル」も全米で大ヒット。まさにアメリカン・ドリームを実現したかに見えるが、「自分の好きな映画が作れるし、僕と仕事をしたいと言ってくれる人も増えた。だが、自分らしくあることが難しくなったことは確か。ちょっと僕が怒っただけで『成功したからって……』という目で見られる。常にパーフェクトでいなければいけないプレッシャーを感じているよ」と本音を語った。

「ありきたりな映画を撮るつもりはない。予測不可能で、全く先が読めない映画を作りたいんだ」の言葉通り、今回のラストも「シックス・センス」同様、注目を集めている。「『アンブレイカブル』は2度観てほしい映画。最初はストーリーにばかり目がいくと思う。だけどアメリカでは、2度目に観た時に、最初は気づかなかった主人公と家族との関わり方に感動して大勢の人が泣いてくれたんだよ」と、自信作をアピールした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi