フランスの新鋭、ブリュノ・デュモン監督が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年1月30日 > フランスの新鋭、ブリュノ・デュモン監督が来日
メニュー

フランスの新鋭、ブリュノ・デュモン監督が来日

2001年1月30日 12:00

画像1

[拡大画像]

99年のカンヌ国際映画祭で、第2回監督作「ユマニテ」が審査員グランプリ、主演男優賞、主演女優賞という三冠を果たしたフランスの新鋭ブシュノ・デュモン監督の記者会見が、1月25日、東京・日仏学院にて行われた。

彼の監督作は常に赤裸々な性描写が物議を醸しているが、「性はミステリー。人は、罪の意識ゆえそれを直視することは出来ない。だが敢えてそこに踏み込むことで、いろんな足枷から自己を解放出来ると思う」。「ユマニテ」と同時期に公開される「ジーザスの日々」については、「20世紀末にこそ、キリストを人間として描きたかった。主人公の人生はキリストの人生を補うもの。『ジーザスの日々』というタイトルと物語の距離は、観客自身が埋めて欲しい」と奥の深いコメント。また、デュモン監督は、「フランスでは、アーティスティックな映画を撮ることが年々難しくなってきている。単なる娯楽や商品ではなく、映画は芸術であるべき」と、自らの信念を語ってくれた。

ユマニテ」はユーロスペースほかにて、「ジーザスの日々」はBOX東中野ほかにて5月にロードショー予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ユマニテ[DVD] ユマニテ[DVD]最安値: ¥5,076 ユマニテ[DVD] ユマニテ[DVD]最安値: ¥3,024
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi