ジムよりパブ。「アメリカン・サイコ」の英国俳優が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年1月30日 > ジムよりパブ。「アメリカン・サイコ」の英国俳優が来日
メニュー

ジムよりパブ。「アメリカン・サイコ」の英国俳優が来日

2001年1月30日 12:00

15年ぶり、2度目の来日。立派なヒゲの理由は不明「アメリカン・サイコ」

15年ぶり、2度目の来日。立派なヒゲの理由は不明
[拡大画像]

その衝撃的な内容が論争を呼び、社会現象にまで発展したブレット・イーストン・エリスの同名小説の映画化「アメリカン・サイコ」。1月24日、主演のクリスチャン・ベールが東京・恵比寿のウェスティンホテル東京にて来日会見を行った。

本作でベールが演じるのは、80年代のニューヨークでリッチな生活を送る証券会社のヤッピー。しかし、物質で満たされない心の渇きを殺人で埋めようとする彼は、クロエ・セビニーを始めとする美女たちを次々と手にかける。一時はあのディカプリオが演じるという噂もまことしやかに流れた注目の役だった。時代劇、しかもナイスガイを演じることの多かったベールは、この役のオファーをチャンスと受けとった。「周囲の人間に『この作品に出たら、お前のキャリアはおしまいだ』と言われたことも決心した大きな理由になったんだ」

日本では「ベルベット・ゴールドマイン」(98) 以外にその名をあまり知られていないベールだが、素顔は穏やかな雰囲気をたたえた好青年。役柄についての質問には「彼はアメリカ人で、その中でも特別に体を鍛えることが好きな人物だった。僕は筋肉が増えると脳細胞が死ぬと確信しているから、ジム通いが不自然に思えた」と答え、「僕はイギリス人だからジムよりもパブが好きだけど」とおどけて会場を笑わせた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi