2000年に公開された外国映画は、362本! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年1月16日 > 2000年に公開された外国映画は、362本!
メニュー

2000年に公開された外国映画は、362本!

2001年1月16日 12:00

社団法人外配協は、2000年1月1日から12月31日までに公開された長編外国映画の総本数は362本であったと発表した。これは前年より64本の増加。国別では、やはりアメリカが断トツの188本。フランスの40本、イギリスの25本がこれに続く。目立つのは、韓国映画の14本。インド映画は意外に少なく4本。また、配給会社別では、日本ヘラルド映画が29本でトップ。ソニー・ピクチャーズの20本、20世紀フォックス、UIPの19本がこれに続く。ちなみにギャガ・コミュニケーションズは、単独で配給した17本にヒューマックスとの共同配給18本を合算すれば、35本でトップとなる。で、あなたは何本観ましたか?。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi