アクション大作をひっさげ、ジャン・レノが来日! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年12月12日 > アクション大作をひっさげ、ジャン・レノが来日!
メニュー

アクション大作をひっさげ、ジャン・レノが来日!

2000年12月12日 12:00

(左より)バンサン・カッセル、マチュー・カソビッツ、ジャン・レノ「バーティカル・リミット」

(左より)バンサン・カッセル、マチュー・カソビッツ、ジャン・レノ
[拡大画像]

フランス版「バーティカル・リミット」とも「ホワイトアウト」とも言われる山岳アクション「クリムゾン・リバー」のプロモーションのため、主演のジャン・レノバンサン・カッセル、監督のマチュー・カソビッツが来日。12月12日、新宿・パークハイアットにて記者会見が行われた。

「イラッシャーイ」と挨拶したジャン・レノは、「人が人をコントロールするという社会問題を深く掘り下げている素晴らしい作品」と原作に惚れ込み、自ら出演を希望。「監督のマチュー・カソビッツバンサン・カッセルのことは昔から知っているが一度も仕事をしたことがなかった。だからこの映画はいいチャンスでもあったんだ」。親日家で知られるレノは、バンサン・カッセルが「高山での撮影は、肉体的にも精神的にも本当に大変だったし、危険を伴うものばかりだったが、そういった過酷な状況がすべて作品にいい影響を与えていると思う」と話すと、「ホントヨー」と日本語で相づちをうち、会場の爆笑を誘った。カソビッツ監督は「(本作は)フランス映画には珍しいスペクタクル巨編だが、フランスのノウハウを駆使して作り上げたまぎれもないフランス映画だ。しかし今後は、フランス映画、ハリウッド映画、日本映画などというくくりがなくなり、英語という共通言語によるインターナショナルな作品が主流になる時代がやってくるはず」と世界進出に対する意欲を垣間見せた。

本作は2001年新春第2弾、日比谷スカラ座ほか全国東宝洋画系にて公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi