ハリソン・フォード、3年ぶりの来日! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年10月24日 > ハリソン・フォード、3年ぶりの来日!
メニュー

ハリソン・フォード、3年ぶりの来日!

2000年10月24日 12:00

画像1

[拡大画像]

12月中旬より公開されるオカルト・スリラー「ホワット・ライズ・ビニース」のプロモーションのため、ロバート・ゼメキス監督、主演のハリソン・フォードが相次いで来日。東京・虎の門のホテルオークラにてそれぞれ記者会見を行った。

10月24日に行われたハリソン・フォードの会見では、会場に500人を超える報道陣が集まり賑わいを見せた。今回が「エアフォース・ワン」以来6度目の来日となるフォードは余裕の構え。報道陣から「なぜそんなに落ち着いているんですか?」との質問が飛び出すと、「さあ……頭の回転が遅いからかな」と会場の笑いを誘った後、「長くこの世界にいるとちょっとしたことには驚かなくなるものだ。周りではクレイジーなことが連発するけど、自分を持っていれば振り回されずにすむ」と語った。また「監督や製作をやるつもりはないのか?」という問いに「ノー。私は今でも演じることを楽しんでいる。そういうポジションにつくと時間もとられるし、僕にとって利益はない」と答え、俳優業一筋の姿勢を崩さない頑な意志を見せた。


画像2

[拡大画像]

一方、18日に行われたゼメキス監督の会見で、昔からホラーやサスペンスが大好きだったという監督は、最近の“ティーンエイジャー向けの低予算スラッシャー・ムービー”の隆盛に対して憂いを見せた。「残酷描写でではなく、心理的な部分から恐怖を呼び起こすクラシックなホラーを復活させたかった」。本作を「ヒッチコックへのオマージュ」と語る監督は、映画人ヒッチコックについて「彼は“シネマの言語”を作った人。すべてがストーリーを語るために必要なツールである、ということを理解している人だ」と尊敬の念を述べた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi