成人指定作品、再編集を回避し、ガードマン付きで上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年10月10日 > 成人指定作品、再編集を回避し、ガードマン付きで上映
メニュー

成人指定作品、再編集を回避し、ガードマン付きで上映

2000年10月10日 12:00

ダーレン・アロノフスキー監督

ダーレン・アロノフスキー監督
[拡大画像]

「π」のダーレン・アロノフスキー監督の新作「Requiem for a Dream」は、そのドラッグ描写やレズビアンのセックスシーンから「NC-17」(成人指定) のレイティングになった。17歳以下の観客が観られないというこのレッテルを貼られると、興行的には大ダメージとなり、いままで成功した作品は皆無。たいていは問題のシーンを再編集してR指定まで下げるように努力するものだが、監督のクリエイティビティを優先する配給元のアーティザンは別の道を取った。「Unrated」(未指定) として独自上映するのである。しかし、世間の批判を避けるために、ガードマンを雇って17歳以下の観客を入れないよう自主規制するのだという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi