前代未聞の公開延期。「エクソシスト」監督がチャットで声明 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年10月10日 > 前代未聞の公開延期。「エクソシスト」監督がチャットで声明
メニュー

前代未聞の公開延期。「エクソシスト」監督がチャットで声明

2000年10月10日 12:00

ウィリアム・フリードキン監督「エクソシスト ディレクターズ・カット版」

ウィリアム・フリードキン監督
[拡大画像]

10月5日、劇場公開の2日前に突然の公開延期が発表された「エクソシスト/ディレクターズ・カット版」。「ウィリアム・フリードキン監督からの強い要望」を受けて、配給元のワーナー・ブラザース映画はこの前代未聞の出来事の対処に追われた。そんな中、同社主催のチャットが7日深夜に行われ、ロサンゼルスから監督本人も参加した (監督の発言は、通訳を通じて日本語で表示された)。

のべ900人以上が参加したこのチャットは、公開延期に不満を募らせる参加者の熱気で一触即発状態が続いた。8日の午前0時頃から1時間あまりに渡って参加した監督は、延期の理由について「プリントの技術的なクオリティに一部問題があり、より良いものに取りかえる」などと回答。具体的には「7巻目のリールの、エクソシズムの場面のコントラストが強すぎる点」を修正するとのこと。この監督自らが下した公開延期の決断は、日本だけでなくヨーロッパ各国にも及ぶという。現在上映中のアメリカでも、問題のリールを取り替える作業を行っている最中とのことだ。

再公開の時期はまだ未定だが、今後の情報は、オフィシャルサイトに随時アップデートされるので、まめにチェックしたい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi