スピルバーグとスコセッシが再びチームに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年9月26日 > スピルバーグとスコセッシが再びチームに
メニュー

スピルバーグとスコセッシが再びチームに

2000年9月26日 12:00

アメリカの大陸横断鉄道の誕生を描く「Into the Setting Sun」を、スティーブン・スピルバーグのプロデュースのもと、マーティン・スコセッシがメガホンをとることになりそうだ。一見、まったくテイストが違うように見えるこの二大監督だが、実はこれまでも何作か手を組んでいる。スコセッシが監督した「ケープ・フィアー」はスピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作したものだし、もともとスコセッシが監督する予定だった「シンドラーのリスト」は、ご存知の通りスピルバーグが監督している。ドリームワークスによると、今回のプロジェクトにスピルバーグ自身がどの程度関わるかは未定だが、スコセッシの参加に強く動いたのはスピルバーグだったという。

そのスコセッシは現在、レオナルド・ディカプリオが主演する「Gangs of New York」を撮影中。一方スピルバーグは自らの脚本で、「A.I.」を撮影中。その後、トム・クルーズマット・デイモン主演の「Minority Report」「Big Fish」などが続くわけだが、それにしても「さゆり」はどこに消えたのでしょう?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi