噂の美少女、リーリー・ソビエスキーが初来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年9月26日 > 噂の美少女、リーリー・ソビエスキーが初来日
メニュー

噂の美少女、リーリー・ソビエスキーが初来日

2000年9月26日 12:00

画像1

[拡大画像]

スタンリー・キューブリックの遺作「アイズ・ワイド・シャット」で貸衣装屋の娘を演じた美少女、リーリー・ソビエスキーが主演最新作「愛ここにありて」のプロモーションのため初来日。9月25日、東京・帝国ホテルにて記者会見が行われた。会場には事前に「彼女には本作か最近の主演作についての質問を」と念押しされたものの、やはり記者団の興味はキューブリック。「本作の監督とキューブリックの違いは」と多少無理矢理とも思われる質問も飛び出し、リーリーは「『アイズ~』の頃はまだ13歳で何も分かっていなかった」としながらも「誰もキューブリックと誰かを比べることなんてできない。彼はとにかく何でも知っていて、何にでも興味があって、そして何より笑顔がとてもチャーミングな人だった」と語った。

あれから数年、今では17歳になったとはいえ、リーリーはまだ高校生だ。「今回の撮影は夏休みだったから、撮影の合間に宿題をしたりする必要がなかったから楽しかった」と語り、また日本で食べた魚のあまりの美味しさに、自ら“キンキ”と名付けた魚形のバッグを披露する場面もあった。

本作は11月上旬、有楽町スバル座ほか全国東宝洋画系にてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi