東京国際映画祭に、超豪華ゲスト来日決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年9月26日 > 東京国際映画祭に、超豪華ゲスト来日決定!
メニュー

東京国際映画祭に、超豪華ゲスト来日決定!

2000年9月26日 12:00

画像1

[拡大画像]

10月28日から11月5日まで、東京・渋谷のBunkamuraを中心に開催される第13回東京国際映画祭のラインナップが発表された。期間中、渋谷では合計146本が上映され、映画一色に染まる。オープニングを飾るのは、アーノルド・シュワルツェネッガー主演「シックス・デイ」。当日はシュワちゃん本人も来日する。クロージング作品はキャメロン・ディアス主演のアクション大作「チャーリーズ・エンジェル」。こちらもキャメロン、ドリュー・バリモアルーシー・リューらエンジェルが揃って来日する予定で、激しいチケット争奪戦が予想される。この他の特別招待作品には、今年のカ ンヌ映画祭でパルムドールを受賞したラース・フォン・トリアー監督の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」、深作欣二監督「バトル・ロワイアル」、ウォン・カーウァイ監督「花様年華 (原)」など話題作が目白押しだ。

一方、東京グランプリ (賞金1000万円) を競うコンペティション部門は若手監督が対象。こちらには、初監督作品「僕たちのアナ・バナナ」を出品しているエドワード・ノートンが来日予定。日本からは庵野秀明監督「式日」、冨樫森監督の「非・バランス」が出品される。普段上映される機会の少ない国の作品を上映するシネマプリズムでは、ラテン・アメリカ映画小特集のほか、「秘密と嘘」のマイク・リー、「フル・モンティ」の 脚本家サイモン・ボーフォイなどによるイギリス短編集が上映される。

同時に開催される東京国際ファンタスティック映画祭2000や、今年初めての開催となる香港映画祭にも注目したい。詳しくは各映画祭のオフィシャルサイトから。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi