クリストファー・リーブ、リハビリ中に骨折! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年9月6日 > クリストファー・リーブ、リハビリ中に骨折!
メニュー

クリストファー・リーブ、リハビリ中に骨折!

2000年9月6日 12:00

95年の事故による重度の脊椎損傷で、首から下の自由を失ったクリストファー・リーブが、8月17日リハビリの運動中で足の骨を骨折した。現在治療が行われており、リーブの代理人によると6~8週間で完治し、運動を再開するという。脊椎損傷した患者は骨の密度が落ちるために、たびたび骨折するケースがあると言う。そのため骨の周囲の筋肉を増強するために運動が必要となる。ほぼ毎日運動を行っているリーブも、今回の骨折はこの骨の退化が原因と見られている。事故後も積極的にリハビリを行い、ショウビズ界にカムバックしたリーブは97年にテレビドラマ「フォーエヴァー・ライフ/旅立ちの朝」を監督しエミー賞にノミネートされ、98年には「裏窓」でゴールデングローブ賞にノミネートされた。 現在はニューヨークの自宅で療養中だという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi